カテゴリー
白髪

白髪なくなればいいのに

私は22歳のどこにでもいるサラリーマンです。
私は小さいときからコンプレックスがあります。それは、12歳のころでした。
友人に白髪はえてるよ!といわれました。

ボタニカルエアカラーフォームの悪い評価の口コミや悪評などを徹底検証!

そこから徐々に気になってはいたのですが、順調に数が増えてしまい今は髪の毛を染めないと目立ってしまいます。
髪が伸びるのが早いこともあり、1ヶ月に1回つむじや後ろ髪を染めないとなんともみっともない髪になってしまいます。
職場の人間からはストレスを心配されてしまうことが、逆にストレスです。

考え方を変え、髪の毛の色で遊べるからいいや!と思いましたが、髪へのダメージも気になります。
ネットで調べても結局は遺伝性との記事が多くもううんざりです。
結局白髪の要因ってそれだけなんですか?食生活も関係あるんでしょうか。

めかぶを食べて改善したという事例を過去に聞きましたが、本当なんでしょうか。
今後世界に健康的な白髪改善法が出ることを切願っています。
あと気になるのですが、白髪と黒髪、どちらのほうが健康なんでしょうか。

色素が薄いことによる体への影響はまったくないのでしょうか。なければいいのですが・・・
白髪を抜いてしまう癖が抜けないのです。はずかしながら22歳になってもかわらず気にしてしまうのです。

カテゴリー
白髪

親からの遺伝で若年性白髪

僕は、20代ですが、白髪が割と生えています。生えてきたのは、つい最近ではなくて、中学生の頃からです。中学生の頃には、知りませんでしたが、若い頃の白髪は遺伝である可能性がほとんどだそうです。中学生の頃は、思春期でもあり、何より人の目を気にする時期なので、凄く不快な思いをしました。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&レビュー!購入して使ってみた私の感想!

毎日学校に行くのが嫌でしたし、白髪を隠すために、無理やり髪の毛をテカテカにして、白く見えているだけなのだと錯覚を与えようともしていました。勿論、今でも白髪は生えていて、悩んでいますが、2ヶ月に1回白髪染めをすることで、持ちこたえています。今は、白髪染めをしているので、特に気にしてはいないのですが、何より散髪代が人よりも高くつきます。

普通にカラーするだけよりも、白髪染めとなると少しプラスでお金がかかります。そこで、同じ染めの作業なのになぜ白髪染めだけ別料金がかかるのかと不満に思うこともあります。なぜ、自分だけ白髪染めをして、気をつかわなければならいのかと思うこともあります。また、派手なカラーをすると白髪が目立つということもあります。一度、茶色にした事がありすが、鏡でみても分かるくらい、分かりやすく白髪がくっきりとしています。白髪染めをしないと、日に日に目立つようになってくるのです。ずっと黒髪というのは、面白みがない人間だとたまに言われます。

学生の間しか、派手な髪は出来ないにも関わらず、永遠に黒髪なので、代わり映えがないと思われてしまいます。もし、KPOPアイドルなら人気は無くなっていたことでしょう。ですが、KPOPアイドルではないので、一安心です。一応、白髪には悩んでますが、最近はそれも1つの個性だと思うようにしています笑

カテゴリー
白髪

疲れた印象を与える白髪の悩みにおすすめ

白髪のお悩みの一つに、「疲れている」「生活感」など相手にマイナスな印象を与えてしまうことがあります。

女性も男性も関係なく、実年齢よりは若く見られたいという気持ちはあるはずです。http://www.georgetownsertoma.org/

若白髪もあり、年齢に関わらず直面してしまう悩みでもあります。

白髪は少し伸びただけでも目立ってしまうため、定期的に染める必要が出てきます。

白髪染めを美容院でやるとなると、トリートメントケアが受けられますが、毎月の金銭的な出費が家計を圧迫するでしょう。

市販のカラー剤で自分で染める場合、技術的に難しかったり、時間と手間がかかったりします。

加えて、定期的な白髪染めは毛髪にも大きく負担をかけることになります。

加齢によってだんだんと髪のコシやツヤもなくなり始め、白髪染めによるダメージは更なる追い討ちになりかねません。

髪の傷みがひどくなってくると、白髪だけではなくパサつきや抜け毛などといった他の問題も出てきます。

そんな白髪の悩みにおすすめなのが、自然素材由来のヘナ染めです。

色味が暗すぎるという点では好みが分かれるかもしれませんが、比較的負担の少ない白髪染めです。

使い続けていくうちに髪質も改善されていき、白髪以外のお悩みにも効果が出てくるかもしれません。

カテゴリー
白髪

なぜ白髪は早く伸びるのだ

白髪とは、中学1年からの付き合いだ。頭側部に数本だったものが、いつしかその勢力を拡大し、気がつけばミドルエイジと見紛うグレーカラーのできあがり。さすがに就職活動にもよくないと思い、黒く染め始めたのが最後。もうヘアカラーのない生活は考えられなくなってしまった。http://forlackofabettersound.com/

若ハゲの知人から「俺よりまだマシ」と慰められても、常に毛根の色を気にしながら生きていく苦労は、誰にも分かるまい。そして、なぜか白髪は伸びるのが早い。早すぎる。染めても染めても、嘲笑うかのように伸びてくる。雨後の筍のように、どんどん伸びる。健やかに伸びる。

いつからか、美容室通いを、隔月から毎月に増やした。年間の美容代が、倍になった。毎月毎月、少し頭皮をピリピリさせながら、ひたすら我慢の時間。60分の精神修行と思うことにして、じっと目を閉じる。振り返れば、先月もやった、その前もやった、その前も…思い浮かぶのは、過ぎ去りし日のヘアカラーの思い出。ああ、もうヘアカラーのために生きているのか。

ヘアカラーのために稼いでいるのか。白髪とは、かくも心をへし折るものなのか。そういえば、先月の美容室から4週間経った。じっと毛根を見る。ため息ひとつ。親指がソラで電話番号を押し始めていた。