カテゴリー
口臭

口の臭い=口臭はどぶ

わたしの彼氏は53歳である。

そろそろ加齢臭もただよう年頃。

しかし加齢臭は本人が気にして、肌を傷つけるほど体を力強く洗っているため、さほどきにならない。

とはいえ、口の臭いは別だ。

口臭の原因は、食事と排泄がうまくいっているのか?

歯磨きの時に、舌も同時に磨いているのか?

タバコは吸っていないか?

コーヒー等はよく飲むか?

などなど多岐にわたる原因があると思う。

私の彼は、よくコーヒーを飲む。

安いコーヒーは口の中に色素が残る。

そしてコーヒーを飲む際、たばこも同時に吸う。

彼の近くに居ても臭い。

彼がコーヒーを飲み終わった後、

たばことコーヒーの入り混じった臭いがする。

時間が経っても臭いは残る。

たばこを吸わなくともコーヒーを飲んだらまめに歯磨きはしたほうがいいと思う。

水だけを使ってうがいをするだけでも口臭は減る。

歯磨きも毎回研磨剤(はみがき粉)をつけていると歯が削れてしまう。

だからはぶらしに何もつけず、やさしくブラッシングするだけでも口の臭いは減る。

同時に舌も丁寧にみがく。

リステリンなど口臭を抑える、もしくは口の中の雑菌を抑えるものもあるが、

刺激が強すぎる。わたしは苦手である。

http://mizu-junkan.com/

先に書いたように、食べ物のことだが、

臭いの原因はすべてたんぱく質である。

たんぱく質はとてもすばらしい栄養素で体には必須だ。

しかし臭いの原因にもなる。

たんぱく質は体で栄養の吸収と排泄を繰り返す。

だからこそ良質なたんぱく質を体に摂取すべきだ。

口臭が気になる場合は、食べ物も同時に見直すこと。

刺激物はなるべく避けること。

良質なたんぱく質をとること。

毎日の排泄に関心をもつこと。

うがいをよくすること。

定期的に歯医者に通うこと。

舌洗いも忘れずに。

日常生活で見直すところはたくさんあるはずです。

自分でできるところから、口臭のケアをしましょう。

カテゴリー
口臭

口臭の原因とその改善方法

口臭に悩んでいる人は年齢や男女問わず多いのではと思います。今回はその口臭が発生する原因を生活習慣の観点からあげていきたいと思います。

http://www.foietcultures49.com/

①歯磨きをしない

1番大きな原因はこれだと思います。歯磨きを毎日しない、あるいはしたとしても磨きが全体に行き渡っていなかったり、適当に磨いて終わってしまうと、匂いのもととなる細菌が残り、口臭の原因になります。1日2?3回程度歯を磨くようにするといいと思います。1日に何回も磨く必要はありません。さらに、しっかり全ての歯に歯ブラシが行き届くようにし、優しくゆっくり磨くことをおすすめします。

②食べたものが原因

ニンニク、玉ねぎ、ニラなど、比較的匂いが強いものを食べることにより口臭が発生しやすくなります。他にも肉やお酒でも発生しやすいです。また、意外ですが、ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科の野菜も口臭の原因になりやすいです。食べ物は食べた後は口が臭くなることもありますが、時間が経てば自然に口臭が消えてなくなります。それでも口臭が気になるなら、市販の口臭を抑えるためのタブレットやスプレーをしておくといいかもしれません。また、ガムを噛むのも効果的です。ガムを噛んで唾液を出してあげることで、口臭を抑えることができます。

③タバコ

タバコを吸われる人は口臭になりやすいと思います。口臭が気になる方は、タバコの本数を減らすことをおすすめします。いきなりタバコをやめるのは難しいことだと思います。なので、毎日少しずつ本数を減らしていくのがいいと思います。

④ストレス

ストレスをかかえてしまうのも、口臭を悪化させる原因になります。仕事や家庭、学業など様々な場面でストレスが発生しやすいと思います。ストレスを完全になくすことを目指すのではなく、今あるストレスを軽減する方法を考えてみるといいと思います。

口臭の原因を生活習慣の中から4つあげてみました。比較的改善しやすいのも有れば一気に改善しにくいものもあると思います。最初は出来ることから実行して改善を進めていくといいのではと思います。

カテゴリー
口臭

妊娠中の口臭トラブル

妊娠中の口臭で悩んだ方は居ますか?
私は妊娠初期から妊娠期間中ずっと口臭がとても気になっていました。
つわりの時は自分の口臭で気分が悪くなったりしましたがつわりのせいなのか歯磨き粉を身体が受け付けず口臭対策が中々できず困っていました。

ブレスマイルウォッシュのクチコミと使った効果

つわりが少しづつ落ち着き口臭と虫歯の相談で歯医者に行ったところ妊娠中の口内環境の悪化はよくあることらしくこまめに口内環境を清潔にすることが大切だということを知りました。また、妊娠中、口内環境が悪化すると歯茎が腫れて血が出たり虫歯になりやすいだけではなく歯茎の状態も悪くなりやすいのでしっかり歯と歯茎の間を磨くこと、歯間ブラシの必要性を教えてもらいました。

歯医者で教えて貰ったようにこまめに歯磨きをし1日1回は必ず歯間ブラシで歯と歯の間の磨き残しがないように丁寧に時間をかけて歯磨きをするように心がけました。1週間ほどすると口臭、歯茎からの出血など口内環境が改善され悩んでいた口臭も気にならなくなってきました。

1ヶ月しっかり歯磨きや歯間ブラシを続け歯医者へ行くと歯茎の状態が改善され磨き残しもほぼなくこのまま続けていけば問題はないとの事で妊娠初期から悩んでいた口臭問題から解放されました。妊娠中の方もそうじゃない方も口臭に悩んだら歯磨きの方法や歯間ブラシの活用を変えてみたらいいかもしれませんね。

カテゴリー
口臭

私の場合の、4つの口臭原因と、3つの対策

40代男性です。30代後半から口臭が気になり始めました。ブレスマイルウォッシュ

話している相手が、口臭を感じて鼻に手をあてる場面が増えたからです。いやな話ですが、自分でも口の前に手を置き、はーっと息をして臭いをすると嫌な臭いがします。歯医者さんに相談したところ、理由が4つ考えられるとのことでした。

1つめが歯茎にポケットというところに汚れがたまっているということ、2つめが、奥歯のほうの歯の間には歯ブラシで取り切れていない汚れがたまっていたということ3つめが、銀歯の中が虫歯になっている可能性・もしくは銀歯自体が表面に小さな傷がついておりそういう傷に汚れがたまっているという可能性。4つめが舌がよく洗えていないこと。対策が3つです。1つめが、歯医者さんで専門のクリーニングを行いまずは対策を取り、この専門クリーニングは大体2か月に1回は行くようにすること。2つめが、フロスを使うようにすること。

フロスは使ったことがなかったですが、フロスを使うと奥歯のほうの処理をした後に嫌なにおいがするのでやはり歯ブラシだけでは取れていないことを感じます。3つめが、うがい薬です。歯医者さんは毎日うがい薬をすることが口臭予防にもなるとおっしゃってました。

カテゴリー
口臭

口臭予防こうやっています。

 普段はそれほど口臭がないのですが、仕事が忙しくなったりストレスが強くなると、胃の痛みとともに口臭がひどくなります。

評判どう?ブレスマイルウォッシュを実際に使った私の口コミ&効果!

周囲の人に私の口臭のせいで不快な思いをさせたら嫌なので、口臭に効くといわれることをあれこれ試してみました。まずは胃の検査をして異常がないか確かめた後、ミントの葉を庭に植えて生の葉っぱを噛んでみたり、レモン水でうがいしたり飲んだり。ブレスケアを噛んでみたり。歯医者さんで定期的に歯茎や歯のクリーニングをしてもらうことも欠かしていません。舌苔がないか毎朝、鏡でチェックして、ついているときは舌クリーナーで舌苔を取り除いています。

 これらの方法で口臭を感じることはほとんどなくなってきましたが、 最近で一番効果があった口臭対策は、ティースプーン1杯分のココナッツオイルを口に含んで10分から20分間うがいをするオイルプリングという方法です。朝起きてすぐ台所でオイルを口に含み、目が覚めるまでテレビを見たり、朝のお茶のお湯を沸かしたりしている間にブクブクと口の中の全体にオイルを広げ回します。そして15分後にビニール袋に吐き出します。流し台に流すと油が固まって詰まるそうです。

 口臭も無くなりましたし、味覚も前よりハッキリするようになりました。使う油はココナッツオイルの他に、白いごま油、オリーブ油などでも良いそうです。