カテゴリー
スキンケア

白人についてのいろいろなことなど

アメリカ合衆国国勢調査では、時代によって多少変化するが現在では、「白人 (White American)」は「ヨーロッパ (European American)、中東、北アフリカ」起源の者と規定されている。インド系 (Indian American) は白人ではなく Asian Indian(American Indian と区別するため Asian をつける)とされる。

http://www.dfwhdi.org/

2010年の国勢調査では、「白人」と回答した者は全人口の69.1%である。ただし、人種を回答した者は87.5%、1つの人種のみ回答した者は85.8%である。

ラテン系アメリカ人を「ブラウン」(Brown) と呼び、白人と区別することもある。彼らの中には、コーカソイドでないモンゴロイドのインディオと混血したメスティーソも多い。

身体的特徴としては
メラニンの量は、人種的特徴の中でも世代を経るにともない比較的変わりやすい特徴である。さらには日光を浴びる度合いに伴い、後天的にも変化する。そのため、メラニンの量で決められる「白人」の、色以外の特徴には、コーカソイドであるという以上の共通点は乏しい。体毛は日本人などと比べると濃く長く、白人男性の手足は毛むくじゃらであり、また頭髪が薄くハゲが多いのも特徴である。

白人の肌についてもアジア人の肌と比べればどう違うのかと言うことなども見てみるといいかもしれません。

「茶髪については」
茶髪という言葉自体は1994年頃から使われだした。
1980年代以前は日本においては「茶髪の若者=不良」というイメージを持たれていた。